[メモ]Appleのマルウェア対策:XProtect

こんにちは!くまかけです。

AppleがOSXで標準で装備しているマルウェア検出システム「XProtect」。

それに使用されているリスト「XProtect.plist」が「iWorm」対策としてアップデートされました。

a0001_014259

XProtectってナニ?

「XProtect」って、初めて聞かれる方も多いんではないでしょうか?

ファイルは「/System/Library/CoreServices/CoreTypes.bundle/Contents/Resources/XProtect.plist」にあります。

私も先ほど確認したのですが、2014/10/07/12:33に更新されていました。

この定義ファイルは、自動で更新されますけど、手動でも更新可能です。

スキャンの対象は、基本的にSafari、Mail、iChatなどApple公式アプリでダウンロードしたファイル。

XProtectはSnow Leopard以降に搭載されていますが、Appleが公式に発表した事は無いんですが、その理由として、「Macも感染するんだ」って事を認めたくないとかなんやとか、いろいろ言われているようですが、どれも定かではない(^^;

でも、こういう仕掛けを用意してくれているおかげで、ウィルスに感染する確率が大幅に削減されている事も確か。

とかくセキュリティに付いては、とやかく言われるアップルですが、こんなのを見ると、がんばってるやん!って言いたくもなりますww

参考情報

XProtectを手動で更新する参考情報はこちら

XProtect更新を通知センターで知りたいときの参考情報はこちら

 

The following two tabs change content below.
くまかけ
齢50を過ぎたオッチャンプログラマーです。 元々は、COBOLerでしたが、いつからかCをやるようになり、いまはiPhoneアプリの開発を中心として、活動をしています。 ワードプレスとの関わりはFacebookと連携しての情報ストック源として考え始めてから。 一緒に活動するメンバーから、ワードプレスの使い方等を訪ねられるようになり、支援をしていく中で、月額500円(ワンコイン)で利用できるレンタルサーバーの提供およびワードプレスの設定代行を行っています。 レンタルサーバーの初期費用には、既存テーマを利用した、ワードプレスの基本設定も含まれています。 「顔の見えるサポート」が必要なレンタルサーバーや、ワードプレスの設定代行が必要な時は、ぜひお声がけ下さい。 主な情報提供はFacebookですが、@kumakake でもたま〜に、つぶやいています(^^)
くまかけ

最新記事 by くまかけ (全て見る)

Loading Facebook Comments ...

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL