[メモ]任せると放置は違う!ある引率な風景(^^)

ある朝の光景

日曜の朝、もう4年も続いているFM尼崎での番組出演に向かうのですが、現場に向かう駅の改札で、20人クラスぐらいの小中学生に出会った。

a1380_000367

どこか社会見学にでもいくのかなぁなんて見てたんですが、そのうち、ゾロゾロと動き出した。。。

えっ?引率の先生いないの?って見てたら、大勢の中に紛れて先生らしき人が^^;

私が小学生の頃、団体で移動しているときの改札口で経験したことと言えば、点呼と整列。
先生、または引率の大人が、周りの邪魔にならないと事に子供たちを誘導し、2列等の縦隊を作る。
そのうえで、各列のリーダーに指示して、全員いてるかの点呼を行う。
その間、大人は、子供たちの列が、周囲の邪魔にならないかをチェックする。。
信号で引っかかって列が切れたときも、前の列は信号が変わるのを端によって待つ。

皆さんも経験ありませんか?

でも、今日見た風景は、ただ集まって(たむろって?)、移動する。。。
大きい子供が小さい子供の面倒を見る訳でもなく、信号で切れても、そのまま。。。
これで、事故が起きないのって奇跡やなぁって見てた次第なんです。

なにか違和感があるような。。

引率の方に、この辺り話をしたとしても、恐らくですが「子供たちの自主性にまかせています」って返ってくるんだろうなぁ。
でもそれって、「任せる」でなく「放置する」ではないだろうか?

「引率者」っていう、管理者でなく、子供たちに交じって友達〜の方が、子供たちからの受けもいいだろうけど。。

「任せる」ってのは、何かあったとき責任を自分で取るってこと。
少なくとも私は、このハイリスクな光景を見て、責任は・・・取れないです(^^;

そんな事を考えながら、道を挟んで子供たちと引率の方を観察していました(^^)

The following two tabs change content below.
くまかけ
齢50を過ぎたオッチャンプログラマーです。 元々は、COBOLerでしたが、いつからかCをやるようになり、いまはiPhoneアプリの開発を中心として、活動をしています。 ワードプレスとの関わりはFacebookと連携しての情報ストック源として考え始めてから。 一緒に活動するメンバーから、ワードプレスの使い方等を訪ねられるようになり、支援をしていく中で、月額500円(ワンコイン)で利用できるレンタルサーバーの提供およびワードプレスの設定代行を行っています。 レンタルサーバーの初期費用には、既存テーマを利用した、ワードプレスの基本設定も含まれています。 「顔の見えるサポート」が必要なレンタルサーバーや、ワードプレスの設定代行が必要な時は、ぜひお声がけ下さい。 主な情報提供はFacebookですが、@kumakake でもたま〜に、つぶやいています(^^)
くまかけ

最新記事 by くまかけ (全て見る)

Loading Facebook Comments ...

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL