[メモ]ちょっと一手間が印象を変える。ある開かずの扉なお店のお話

お店に入ろうとした入り口が、実は開かずの入り口だったって気づいた時、あなたなら何を感じますか?

a0001_014259

開かずの飛び菜を持つお店

阪神尼崎に開かずの入り口を持ったマクドがあります。
ドアには、ちゃんと開かないので隣の入り口から入ってくれと案内をしているんですが、私が店にいてる短い時間の中で、必ず一人か二人は、入ろうとする光景を見かけます。

店側としたら、書いてあるんだから、見ない方が悪いってなるんでしょうけど、私がもし当事者としたら、見えるように書いとけよ。気分悪いなぁってなるかもしれません。

目立つようにしておけば、何もなくスルーできたことが、マイナスイメージになる可能性もあるわけです。

言ってしまえば、店側も、何度となく間違われてるんだから、目立つ色にするとか、なんか改善策を考えないのも、それはそれなんですがね^^;

このシーンを見るたびに、自分の思いってのは、以外と伝わらないんだなぁって感じます(^^)

観察し、改善ずる!

当たり前の事ですが、できていますか??

The following two tabs change content below.
くまかけ
齢50を過ぎたオッチャンプログラマーです。 元々は、COBOLerでしたが、いつからかCをやるようになり、いまはiPhoneアプリの開発を中心として、活動をしています。 ワードプレスとの関わりはFacebookと連携しての情報ストック源として考え始めてから。 一緒に活動するメンバーから、ワードプレスの使い方等を訪ねられるようになり、支援をしていく中で、月額500円(ワンコイン)で利用できるレンタルサーバーの提供およびワードプレスの設定代行を行っています。 レンタルサーバーの初期費用には、既存テーマを利用した、ワードプレスの基本設定も含まれています。 「顔の見えるサポート」が必要なレンタルサーバーや、ワードプレスの設定代行が必要な時は、ぜひお声がけ下さい。 主な情報提供はFacebookですが、@kumakake でもたま〜に、つぶやいています(^^)
くまかけ

最新記事 by くまかけ (全て見る)

Loading Facebook Comments ...

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL