[メモ]トロンってしってます??

トロンって聞いて何を思い浮かべます??

映画の『トロン: レガシー』を思い浮かべたあなた!!若い!!

おっちゃんは、もう少しまえの「トロン」を思い浮かべます!!

って、い、いや、そうではなくて、もう一つのトロン・・・TRON Projectが今回の話題です。

a0001_014945

■TRONって??

TRON、正式名称を「The Real-time Operating system Nucleus」。東京大学の坂村教授が中心となって開発された国産のRealTime OSです。

TRONはまずリアルタイム組み込みOSのITRON、次いでビジネス向けのBTRON、大規模環境を想定したMTRON、通信インフラ用のCTRONと様々なサブプロジェクトのもとで開発がされていました。

具体的な利用としては、

・ITRON(Industrial TRON)
日立のボードコンピュータに採用され、現在はμITRONとしてより小さな環境での実装がされています。

・BTRON(Business TRON)
パナソニックがPCに実装して一般に販売されていました。今はやりのオブジェクト指向が既に実装されていて、ファイルを実態と見せ方に分けれる「実身/仮身モデル」が有名。

・CTRON(Communication TRON)
電話交換起用に開発されたTRON。NTTの電話交換起に使用されていた。

BTRONは、1986年4月に臨教審が出した「教育改革に関する第二次答申」にもとづき、当時の学校教育、特に義務教育へのコンピュータ導入に向け、財団法人コンピュータ教育開発センター(CEC)が、1987年4月に教育ソフトライブラリを設立、同7月にシンポジウム開催といった活動をしていました。

※財団法人コンピュータ教育開発センター(CEC):1986年7月、文部省と通産省共管で設立された。

■ごたごた発生!!

1988年に試作機まで誕生していたBTRON。じゃ、なぜ今BTRONを使ってないの??

ここで巻き込まれたのが「日米通商摩擦」とMS-DOSが出てきた事。

自国のOSを広めたいアメリカとしては、当時(今でもかも)遥かに優れていたBTRONは目の上のたんこぶ。

結局、TRONは貿易障壁の対象項目にあげられ、文部省(当時)はBTRONの教育用PCへの採用をあきらめてしまったんです。

GATTに提訴するなりしたら防げたのかもしれないのに、めんどくさい事は避けたかったであろうお役人達のせいで国産OSが死んでしまったわけなんですよね。

a0003_001896

■今はどうなってるの??

一番目に触れるものとしたら、ITRONの派生であるμITRONかもしれませんね。

組込みのシーンでは多く使われています。i-modeなんかでも使われていました。

次にはCTRON。NTTが交換機の国際調達の条件にしています。

最後にBTRON。Windowsがここまではびこっている現在。その活躍の場は無いです。PC以外での活用の場を探す他無いですね。

こんな感じで、ある意味不運な道程をたどってきたTRONですが、先駆的なオブジェクト指向ひとつとっても、最新のOSと比較しても遜色ないと思っています。

どこか、活躍できるシーンを見つけてみようかなぁ。。

参考:TRONプロジェクトの標準化における成功・失敗要因

The following two tabs change content below.
くまかけ
齢50を過ぎたオッチャンプログラマーです。 元々は、COBOLerでしたが、いつからかCをやるようになり、いまはiPhoneアプリの開発を中心として、活動をしています。 ワードプレスとの関わりはFacebookと連携しての情報ストック源として考え始めてから。 一緒に活動するメンバーから、ワードプレスの使い方等を訪ねられるようになり、支援をしていく中で、月額500円(ワンコイン)で利用できるレンタルサーバーの提供およびワードプレスの設定代行を行っています。 レンタルサーバーの初期費用には、既存テーマを利用した、ワードプレスの基本設定も含まれています。 「顔の見えるサポート」が必要なレンタルサーバーや、ワードプレスの設定代行が必要な時は、ぜひお声がけ下さい。 主な情報提供はFacebookですが、@kumakake でもたま〜に、つぶやいています(^^)
くまかけ

最新記事 by くまかけ (全て見る)

Loading Facebook Comments ...

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL