[メモ]ゼログラビティ見ました

映画始まるとき、原作のタイトルって見てます?

今回、久々に映画館で映画を見てきました。。って、当たり前か(^^;

今話題の「ゼログラビティ」の3Dバージョンなヤツ。

ゼログラビティ

SFの、しかも3Dとなると、まだ映画館で見る必要があります。ゼログラビティも、あとでDVDで2Dで見たとしても、迫力は半減しちゃうと思います。

第一宇宙速度でぶっ飛んでいく、ねじや破片の「宇宙ゴミ」。その速度は秒速8Km。3Dで迫ってくる映像迫力はパンバではありませんでした。

それに「無重力空間」ってのも、ホントよく表現されていました。※正確には「微少重力空間」と表現するそうです。

無重力空間の表現でよく使われるのが「水玉」

無重力空間では「水玉」は丸い形で漂っていきます。これは、どの映画でもよく見かけますよね。

ゼログラビティでは、もうひとつ「炎」を表現に使っていました。

ろうそくのような小さい炎は地上のように「ぼや〜」って燃え続けるのでなく、丸い球形になって漂って、消えちゃいます。

この表現、他の映画で見た事が無かったんで、何気に「おおおーー!」って感心してました(^^)

参考:宇宙空間の炎 その奇怪な様子

 

■さて本題のゼログラビティのタイトル

上映がはじまるとき、原題でタイトルが表示されますよね。

それを何気に見てたんですが、まずは「GRAVITY」って表示されます。。。当たり前。。

ただ、邦題が「ゼログラビティ」で、原題をカタカナにしただけっぽく思ってたんで、当然「ZERO」ってのが、あとからドピューンって感じで表示されるんだろうって期待して、「今か今か」とワクワクもんで待ってたら、いきなりスタート。。

あれ??ZEROは??

原題は「無重力」でなくて「重力」だったんですね。なんか肩すかしを食ったような感じで、映画鑑賞をスタートさせました(^^;

 

■原題と邦題

洋画を見る時、「原題」とは異なる「邦題」が着けられる事が往々にしてあります。

もちろん「スターウォーズ」なんて、そのままのものや、「ローマの休日」(原題:「Roman Holiday」)なのよう直訳でも意味が通じるものもありますけど、「遊星よりの物体X」の原題が「The Thing」。直訳すれば「モノ」。。。わかりません(^^;

例を挙げればきりがないですが、「見に行ってみようか!」って思わせるネーミングセンス。

じゃ、誰がどんな風にして着けてるんだろうって、テラテラと見て回ったんですが、どうやら映画配給会社の宣伝部さんが着けられているようなんです。

売上にも直結するで主から、担当者さん、毎回、脳みそから汗かいてるんじゃないでしょうか(^^;

最近は、日本語にしちゃうと内容がわかっちゃったりするんで、原題をカタカナ表現にするなんてのを聞いた事があります。

邦題を見た時、原題ってのにも興味を持つのも面白いですね!

 

■原題、邦題参考サイト

原題よりもいい!素晴らしい邦題の名作映画

この邦題をつけたのは誰だあっ! 映画邦題ベスト10&ワースト10 

 

The following two tabs change content below.
くまかけ
齢50を過ぎたオッチャンプログラマーです。 元々は、COBOLerでしたが、いつからかCをやるようになり、いまはiPhoneアプリの開発を中心として、活動をしています。 ワードプレスとの関わりはFacebookと連携しての情報ストック源として考え始めてから。 一緒に活動するメンバーから、ワードプレスの使い方等を訪ねられるようになり、支援をしていく中で、月額500円(ワンコイン)で利用できるレンタルサーバーの提供およびワードプレスの設定代行を行っています。 レンタルサーバーの初期費用には、既存テーマを利用した、ワードプレスの基本設定も含まれています。 「顔の見えるサポート」が必要なレンタルサーバーや、ワードプレスの設定代行が必要な時は、ぜひお声がけ下さい。 主な情報提供はFacebookですが、@kumakake でもたま〜に、つぶやいています(^^)
くまかけ

最新記事 by くまかけ (全て見る)

Loading Facebook Comments ...

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL